「どうにかなる日々」アニメ公式サイト

Special

スタッフ・キャストコメント

志村貴子(著者)

原作は地味な作品ばかりを集めたオムニバス形式の作品集です。
描いてる真っ最中の私は別に地味に作るぞという意気込みで描いてはいないのですが結果的に地味と評されることが多いのです。
それなのに数多ある漫画の中から見つけ、アニメにしようと考え、細部に至るまで丁寧に関わってくださったスタッフの皆様には感謝しかありません。
そして個人的に気に入っている短編たちをひとつにまとめてくださいました。
本当に頭が下がるばかりです。
読者の皆様にもご覧いただけたら嬉しいです。

上村晶(担当編集)

この作品は15年以上前の作品ですが、今も全く古びない新鮮な輝きをもって、今も必要とされる物語だと感じています。
志村さんのフラットで優しい眼差しは、他者から見たら歪かもしれないけど大切にしたい気持ちや、日々生きることの愛しさにそっと光を当ててくれます。
今回、大きな愛情と理解をもって本作のアニメ化に関わってくださる皆さまに心から感謝していますし、私もわくわくしています。
たくさんの方にご覧いただけたら嬉しいです!

寺田悠輔(プロデューサー)

「どんな恋愛も、どんな生き方も、全て“普通”だ」ということを映像で表現したくて、この作品のアニメ化に手を挙げさせていただきました。
志村先生の、フラットで、誰かを特別扱いするわけでもない、でもどこか暖かい視線は、きっと今の時代を生きる様々な人たちの人生に寄り添えると思います。
今回のアニメでは「かつて一緒にいたけれど、今はもう遠くに行ってしまった誰かを想う物語」を選ばせていただきました。
この作品を観ながら、皆さんの痛くて愛しい想い出を、劇場で抱きしめていただけたら嬉しいです。

クリープハイプ 尾崎世界観(主題歌・劇伴音楽)

初めてのことで、これが正確か不正解かもわからないまま劇伴音楽に向き合っていました。でもこの作品自体が、正確と不正解だけでは掴めないものを描いているから、きっとそれこそが正解だったんだと思います。

「どうにかなる日々」は、ちゃんと目を見て話してくれる物語、ちゃんと目と目が合う映画だと思っています。その中で、観た人の耳に少しでも何かを残せたら幸せです。

花澤香菜(えっちゃん役)

大好きな志村先生の作品に再び関わることができてとても嬉しいです。
アニメも原作同様、誰かの生活の一部を覗き見ているような、ドキッとする生々しさが魅力的な作品になっています。
そしてきっと、描かれるかけがえのない瞬間が、皆さまの日々に寄り添うものになるのではないかと思います。
ぜひ劇場でご覧ください!

小松未可子(あやさん役)

それぞれのエピソードで「どうにかなる日々」というタイトルが響かせる印象が違っていて、どこかの日常に転がっていそうなエピソードだけれど、一人一人にとってはそれが細やかな人生である。
とても温かくて、繊細で、ほろほろと解けてしまいそうなこの雰囲気がとても大好きです。「えっちゃんとあやさん」のお話も、その空気感を大事に演じさせて頂きました。「過去」の二人の共通点、出会った二人の「現在」、そしてその先が穏やかで幸せでありますように、と心から願っています。

櫻井孝宏(澤先生役)

とても雰囲気のある作品で、日常にある非日常を味わったような気持ちになりました。
淡いベールの向こうにある人間の性を薄目で見るような、そんな気持ちです。皆さんにもご賞味いただければ…。劇場でお待ちしております。

山下誠一郎(矢ケ崎くん役)

誰もが、些細なことで悩んだり、こっそりドラマチックな出来事を体験していたりする。普段「悪いこと」だと決めつけがちな事も、ある人にとっては救いになったりする。
原作を読んで、肩の力がスッと抜けたような気がしました。誰でも一度は経験するような日常を面白く、優しく肯定してくれる暖かい作品です。余計なものを一切持ち込まず、素っ裸になった位の気持ちで演じました。観た人の心に少しでも温かさが残れば幸いです。

木戸衣吹(しんちゃん役)

恋をすることは甘酸っぱくて、でも時には苦しくて、その経験は後々良い思い出になる。恋って素敵だなと思いました。"しんちゃん"は感情をあまり出さない思春期の複雑な男の子で演じるのが難しくてすごく緊張しましたが精一杯演じさせていただきました。「どうにかなる日々」をご覧いただいて、皆さんも好きだった人との日々を思い出して、温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです。

石原夏織(みかちゃん役)

私が演じさせていただく"みかちゃん"は、発せられる言葉からすごく大人っぽい印象の女の子です。しかし、アフレコの際にあくまで年相応の少女というディレクションを受けて、自分の想像と違ったので最初は緊張しましたが、少しずつ彼女のことを理解できて、すごく嬉しい気持ちになりました。「どうにかなる日々」は日常を切り取ったとても繊細で素敵な作品です。ぜひ多くの方に観ていただけたら嬉しいです。

ファイルーズあい(小夜子役)

「どうにかなる日々」は、なぜかノスタルジックにな気持ちになる不思議な魅力のある作品です。物語に本当に入り込んでしまうので、他人の秘事を透明人間になって覗いているようなドキドキ感があります。お芝居や絵、音楽に至るまで、たくさんの愛に包まれています。キャラクターたちの美しくも切ない心の動きを肌で感じていただいて、皆様に魅力をお届けできると嬉しいです。